STUDY3分で分かる小松鋼機

  1. ホーム
  2. 3分で分かる小松鋼機

3分で分かる! 「小松鋼機の発展ヒストリー」 KOMATSU KOKI DEVELOPMENT HISTORY.

1963年の創業以来、地域のものづくりの発展に
貢献してきた小松鋼機。その歴史や成長の流れを
ダイジェストでご紹介します。

Back to
19633.27

小松鋼機株式会社 マスタ鋼機 木村商店 若山商店 喜多商店

01

東京オリンピック前年、
4社が合併して創業

小松鋼機の誕生は1963年3月27日のこと。
それまで小松市内で鋼材・機械工具等を販売していた
4つの商店(マスタ鋼機、木村商店、若山商店、喜多商店)が、
将来の発展を見据えて合併し、新会社として設立したのが小松鋼機です。
積極的な営業活動を行うことで、合併前の4社の年商は1年目から2倍に膨れ上がり、合併の効果は如実に現れました。

to StepForward

02

「KOMATSU」との取引で急成長、
商圏は北陸3県に広がる

高度経済成長の「いざなぎ景気」の好景気により企業基盤を確立。株式会社小松製作所との取引が小松鋼機の信用を高め、小松市内を中心に南加賀地域に根付いた営業を展開しました。鋼材・機械工具商社として安定した基盤をつくり、1992年の新社屋完成(現本社)をはじめ、1990年代前後には、鋼材センターの倉庫棟、切断工場建設、配送強化、営業員の増強などから商圏は北陸3県に広がりました。

03

新技術「加工」を手に入れ、
いよいよ関東へ進出

順調に成長を遂げた小松鋼機ですが、その後の平成不況、デフレ、グローバル化の時代に突入するなかで、新たな成長戦略として鋼材事業部でプラズマ、レーザーの3次元加工機を導入し、MC加工事業を展開。取引先は京滋地区や信越地区、関東地区へと広がりました。

to World.

04

ロボット産業に参入、小松鋼機は世界に挑む

さらに産業用ロボットシステムを軸としたSE事業を立ち上げ、平成23年には中国江蘇省常熟市にロボットシステム・自動化設備の開発、設計、製造、販売の合併企業を設立し、初の海外進出を果たします。

05

地元企業との連携で、
地域発展に貢献

小松地域には確かな技術を持つ職人が多く存在し、信頼できる数々の鉄工所が存在します。そうした技術を活かすために、小松エリアの企業と強固なパートナーシップを築き、小松鋼機が加工窓口となって幅広い加工に対応する「KKネットワーク」を確立。あらゆるニーズに応える環境の整備により、地域の活性化にも貢献しています。

パートナー 小松鋼機 お客様

06

より快適な会社へ、
「働き方改革」と「健康経営」進行中!

企業成長の中心となったのは、言うまでもなく小松鋼機で働く社員たちの活躍です。小松鋼機は社員がいかに快適に働けるかを重視しており、「産休・育休」や「誕生日休暇」などいち早く導入。2016年に閣議決定した経済対策の「働き方改革」よりも以前に職場環境の改善に力を入れており、今春より「ノー残業デー」を取り入れました。さらに、社員の健康管理を重視する「かがやき健康企業」の認定に向け、健康を支援する積極的な取り組みを実施。さらなる快適な職場環境の実現を目指しています。

to Future. with KOMATSU KOKI MEMBERS

これからの小松鋼機の
歴史を築くために、
勢いのある若者たちと
共に挑戦し続けます。