WORK SYSTEM研修・キャリアプラン

  1. ホーム
  2. 研修・キャリアプラン
  3. 研修制度

研修制度

小松鋼機の研修制度は、あらゆる観点から人間力を高め、社員一人ひとりの個性や能力を最大限に発揮し、伸び伸びと働くことを目的としています。研修は学びを得るだけでなく、意識や行動を変化・成長させるきっかけの場ともなります。入社後すぐに行われる新人研修からはじまり、様々な研修制度で長く活躍できる人材育成を目指します。

  • 新人研修制度[4月]

    新人研修では、各事業部長による事業紹介、コンプライアンス、情報セキュリティ、就業規則他規則などの説明からはじまり、取引先企業の工場見学、両事業部での実地研修、小松鉄工機器組合研修といった小松鋼機社員の基本を学びます。

  • 若手営業研修 全7回[5月〜翌3月]

    入社7年目までの若手営業を対象とした研修を1年間で全7回実施。外部講師を招いての営業力強化研修として、すぐに現場で活用できる提案力、商談力、行動力といった小松鋼機の提案型営業に必要な能力を養います。

  • 社員研修 年4回 [6月、9月、12月、3月]

    働き方改革の一つとして、職場の環境改善に関する社員研修を年に4回開催。法定健康診断、ストレスチェック実施などを行う健康をテーマにしたものなど、毎回異なるテーマで展開。社員交流の場としても活用しています。